富士登山を達成するためのトレーニング

誰もが知っている日本最高峰の山、霊峰富士。

関東でスノボについて真剣に考えてみました。

3776mを誇る富士山は古くから修験道として崇められていました。


その富士信仰から多くの日本人が富士登山をするようになった由緒正しい山なのです。
そんな日本一の富士山。

日本人なら誰もが一度は富士登山に挑戦してみたいと思うでしょう。


しかし日本で一番高い山を一朝一夕で登れるはずがありません。

ちゃんとした装備とトレーニングが必要不可欠です。


トレーニングとしては、まず動き続ける体力が絶対的に必要です。
もっとも人気の吉田ルートは5合目スタートで、往復14km、登りはおよそ6時間、下りは3時間30分ほどの工程になります。
通常に山で14kmだとさほど長い距離ではありませんが、標高2000m以上からスタートするので体力の消耗は通常の何倍にもなります。


5合目の時点ですでに息苦しさを感じる人も少なくありません。


運動経験にもよりますが半年から1年ほどかけて体力トレーニングをする必要があります。

登山は有酸素運動です。



有酸素運動は心肺持久力向上と動き続ける筋肉(遅筋)の強化になります。

平地で登山を想定してウォーキングをしても負荷が軽すぎます。
ゆっくりとしたジョギングでかまわないので20kmは完走できる体力はあったほうが安心です。



また筋力トレーニングを行うことで有酸素運動能力もより向上します。スクワットなど負荷をかけて行いましょう。


大人気の富士登山ですが、決して初心者に優しい山ではありません。

必ず装備と体力を整え、計画的に富士登山に挑みましょう。